あそこが臭いならコチラの手段で

あそこの臭い原因と対策について見てみますといくつかの原因があります。
原因のひとつに膣内の雑菌があり、雑菌が出す老廃物であそこが臭います。

 

どうしてあそこが臭うのか

あそこが臭う原因のひとつが膣内で雑菌が出る老廃物です。
あそこ周辺にはアポクリン汗腺があり、そこから出る汗には皮脂やアンモニアなどが含まれています。
それが雑菌の栄養分になり、雑菌から老廃物が出るので、嫌な臭いを発します。
まずは不衛生な環境での雑菌の繁殖がクサイ臭いの元になるのです。

 

どうすればあそこが臭わないようになるのか

あそこは下着で密封されていて、汗をかくと蒸れやすくなります。
適度に汗で蒸れた環境は雑菌が繁殖する好条件になります。
雑菌が繁殖しなければ臭いは発生しませんから、雑菌が繁殖できないように
通気性のよい下着を着用しましょう。
また、入浴やシャワーの時には正しい洗いかたで、清潔にしましょう。

 

一度使ったナプキンは汚れている

女性は誰でも生理中にはナプキンを使いますが、通気性のよいものでも、
一度使うと見た目では分からない汚れが付着します。
したがってナプキンはこまめに取り換えるようにしましょう。

 

おりものの異常が気になる時は婦人科で診察を受ける

自分のおりものには常に注意することが大切で、常に注意していれば
いつもと違うとすぐに分かります。
あそこが臭わなくてもおりものの異常があったら婦人科で診察を受けましょう。
もちろんあそこの臭いが強い時にはなおさらで、カンジダ膣炎や淋病、
細菌性膣炎やトリコモナス膣炎などの性病かもしれません。

すそワキガは遺伝するのか?

ワキガやすそワキガの原因はアポクリン汗腺とされていて、
ワキガと同じですから遺伝します。
すそワキガが遺伝すると聞くと、仕方がないと諦めるかもしれませんが、
このあたりをすそワキガケアを含めて見ることにします。

 

すそワキガは遺伝しない場合もある

先にすそワキガは脇のワキガと同じで遺伝すると言いましたが、遺伝率は100%ではなく、
両親のどちらかがワキガの場合の遺伝率は50%ですし、
両親がワキガの場合でも遺伝率は70〜80%と言われています。
また、遺伝でなくてもストレスなどでアポクリン汗腺が発達した結果
すそワキガになる人もいます。

 

遺伝でのすそワキガのケア方法

先に述べたように100%ではないにしても、ワキガやすそワキガは遺伝します。
したがってすぞワキガの人はこの事実を直視したうえで、
最善のすそワキガケアをすることになります。
確かにすそワキガはコンプレックスになりますが、
仕方がないと諦めてそのままにするよりは、いろいろと改善策を考えましょう。
そうすれば後ろ向きにならないで、日常生活ですそワキガが気にならなくなるでしょう。

 

すぞワキガが遺伝と認識してのケア方法

すそワキガの最大の原因は遺伝性のアポクリン汗腺からでる汗です。
したがって、この汗をどのように調節するか、また、汗をどのように処理するかが、
すそワキガケアの基本になります。

 

思春期まではデリケートゾーンの毛が生えそろわないので、
すそワキガになりにくいものですが、成人して毛が生えて、ホルモンの分泌が活発になり、
蒸れやすい環境があると臭いが蓄積されます。
この場合、まずはデリケートゾーンを清潔に保つことですが、そのためには地道な努力が必要です。
たとえば市販されているデリケートゾーンの臭いケアグッズは即効性があります。
アソコ 臭い

 

更新履歴